どんなペットショップがいい?正しいペットショップの選び方4選

営業時間が比較的長くないペットショップ

透明ガラスの向こう側の小さいケージに入れられているかわいいペットたち。寝る以外はじっとしている時間がほとんどで、日々のストレスは計り知れない環境の中にいます。ペットショップの営業時間が長いほど、ペットたちが心身共にストレスを感じる時間が長いことになります。ですので、本来ペットたちが寝ている深夜まで営業しているようなペットショップは、明らかにお店の利益を優先しているので、おすすめできません。

店内がきれいなペットショップ

ペットショップに入ったら、ペットたちのいるケージやショーウィンドー、床は綺麗かどうかすみずみまで確認しましょう。お店の清潔さはペットの飼育環境に影響します。つまり、ペットの健康状態は、生活環境の状態を表します。

ブリーダー情報やペット情報を公開するペットショップ

ペットがどこで繁殖されたのか、ペットの親の情報をしっかりと公開しているかを確認しましょう。近年問題になっている大量生産されたパピーミルは、健康状態も悪く虚弱体質な場合が多いです。販売と共にペットの親の情報が記載されていれば、ペットがどのくらいの大きさに育つかなどの情報を得ることができるでしょう。

ペットに詳しい店員がいるペットショップ

ペットに関する質問をしたときに、すぐに正しい応答ができる店員がいるかも大切です。ペットに詳しくないアルバイトの店員が多いペットショップは、知識が乏しいので、さけるべきでしょう。健康なペットは、専門の店員がいるペットショップのほうが明らかに多いです。ペットの購入を考えたとき、店員に質問をして、知識があるかどうかを確認してみるのも、いいかもしれませんね。

埼玉や千葉などの首都圏にお住まいの人は、都内まで出向くことが容易にできます。ペットショップなら東京が種類や数が豊富にあるので便利です。