腕時計を買う前に必ず押さえておかなければならないたった2つの事!

腕時計の動力ってメンテナンスに関わるんです。

腕時計の動力を大きく2つに分けると、「機械式」と「クォーツ式」があります。どちらの動力でも同じように動いて時間を刻みますが、買う前に「時計が動く元の力」を知っておく事で、のちのメンテナンス方法が変わってきます。

クォーツ式腕時計のかんたん解説

クォーツ式腕時計は、電池を動力として使っている腕時計になります。基本的に日々のメンテナンスは必要なく、24時間365日動いているので、時間も狂うことがないので時間合わせも必要ありません。ただ、ずっと止まることなく動き続けていますので、電池が切れたらショップに持ち込んで交換してもわらなければなりません。

機械式腕時計のかんたん解説

機械式腕時計は、いわゆるゼンマイで巻き上げられた力を動力とする腕時計です。特に「自動巻き」と呼ばれる機械式腕時計は、腕に着用していると腕の動きを力に変えて、永久に動いてくれます。よって電池交換する必要はありません。高価な時計が採用していることの多い動力方法です。しかし、置いたままにしておけば、数日で時計の針は止まってしまう為、時間合わせをしなければなりません。

どちらも魅力的な腕時計

知らなければ、腕時計が急に止まった時に「どうして止まるの?」と焦ってしまいますよね。腕時計を購入する前に知っておけば、いざ時計が止まった時でも対処しやすくなります。腕時計を買おうと検討している際に、デザインや価格で考えるのはもちろんのこと、自分の性格や使用頻度を考えて動力方法も考えて購入してみてはいかがでしょうか。購入後のメンテナンスが楽になりますよ。

IWCはスイスの高級腕時計メーカーで1868年に創業されました。ブランド名はインターナショナルウォッチカンパニーという英語の略になりますが、何故ブランド名が英語かというと創業者がアメリカ人だからです。